¥特価 簡単操作で使いやすいD-STAR®入門モデル

ID-31PLUS

簡単操作で使いやすいD-STAR®入門モデル
機能が増えてさらにパワーアップ


430MHz デジタルトランシーバー(GPSレシーバー内蔵)
ID-31PLUS
4アマ免許
希望小売価格 ¥37,800 +税
技術基準適合証明(工事設計認証)取得機種


説明

icom_ ID-31PLUS_catalog

 

交信設定がカンタン
最新のDR機能を搭載。“To”に交信相手(レピータ・個人局)、“From”に最寄レピータを設定するだけで交信できます。

新機能で交信の幅が広がる
アクセスポイントモード・ターミナルモード※対応で、近くにレピータが無くてもD-STARレピータ網を介した長距離通信が楽しめます。

※ オプションのデータ通信ケーブルと専用アプリ<RS-MS3A/RS-MS3W>が必要です。

画像・テキストの送受信も快適
Android®端末との連携※で、画像やテキストの送受信、マッピング、DR機能が可能。DVファーストデータ搭載で、通常のDVモードの3.5倍の速度でデータ通信できます。

※ オプションのデータ通信ケーブルと専用アプリ<RS-MS1A>が必要です。

防水、軽量、コンパクトで機動力抜群
最高水準のIPX7※防水なので、雨や水しぶきを気にせず運用できます。ポケットにすっぽり収まる手のひらサイズで携帯に最適です。

※ IPX7:バッテリーパックを正しく装着した状態で水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として機能することです。

3つのカラーバリエーション
ワンポイントカラーが目に映える新デザイン。シルバー・ゴールド・レッドの3色から選べます。

D-STAR®に準拠したDV(デジタルボイス)モード
JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)が開発したD-STAR®の標準方式に沿ったデジタルボイス(DV)モードに対応しています。 デジタルならではのクリアな音声で快適な通信が可能です。 もちろん、従来のアナログ(FM)での運用も可能です。

DV/FMレピータ自動リストアップ機能
内蔵されたGPSが最寄りのレピータを20局自動的にリストアップ。 その中から使いたいレピータを選ぶだけでアップリンクするレピータの設定が可能です。 さらに、地域や名称からレピータを選択することもできます。 レピータリストがプリインストールされているので、初めて訪れた場所でも、スムーズにレピータにアクセスすることができます。 microSDカードがあれば、簡単にレピータリストを最新版に更新することができます。

みちびき対応高精度GPSレシーバーを内蔵
準天頂衛星システム「みちびき」に対応したGPSレシーバーを搭載。 デジタルモードなら、通話しながら位置情報の送受信が可能です。 位置情報自動応答機能、GPSログ機能など、多彩な機能を実現しています。

アクセスポイントモード
ID-31PLUSをWindows® PCまたはAndroid®端末からインターネット回線に接続し、D-STARのアクセスポイントとして使用します。 他のD-STAR機でアクセスポイントにアクセスしてゲートウェイ通信ができます。
アクセスポイントモード

ターミナルモード
ID-31PLUSをWindows® PCまたはAndroid®端末からインターネット回線に接続し、ゲートウェイ通信ができます。
ターミナルモード

運用上のご注意
・ ターミナル/アクセスポイントモードで運用するにはIPv4のグローバルIPアドレスが付与されたインターネット回線が必要です。
(Android端末で携帯電話回線を使って運用する場合は、その端末にIPv4グローバルIPアドレスの付与が必要です。)
・ キャリア回線利用時には、パケット通信料が発生します。
・ アクセスポイント側の無線機は、クライアント側の無線機と異なる局免許が必要です。
・ アクセスポイントへの複数局の同時アクセスは不可。
・ 運用時は電波法を順守してください。
※ インターネット/キャリア回線に関しては、ご契約のプロバイダ/キャリアにお問い合わせください。
ご契約条件により多額の接続料が発生する場合があります。

■ PC 対応OS:Windows® 7以降
※ Windows® PCの利用にはRS-MS3W(無償ソフトウェア)が必要
■ Android® 端末 対応OS:Android4.0以降。USBホスト機能が必要。
※ Android® 端末の利用にはRS-MS3A(無償ソフトウェア)が必要

その他の特長
DV機能拡張アプリRS-MS1Aの全ての機能に対応。
一般的なボイスレコーダー機能を搭載。
メモリーボイス送信機能を搭載。(60秒×1ch)リピート可。
GPSメモリー200チャンネル(高度情報を含む)。
GPS送信モード/DVデータ送信/GPS選択設定等、CI-Vコマンドを拡張。
GPS送信モードとスローデータ通信の併用が可能(DVモード)。
IC-7100、IC-9100などPC以外の機器へのGPS出力。
CSV形式で保存できる交信ログ機能。
CSVデータのインポートとエクスポート。
D-PRS受信の拡張、固定局/オブジェクト/アイテム/気象の受信に対応(DVモード)。
運用中も確認できる10段階の電圧表示。
スキャン一時スキップ。
DTMFダイレクト送信機能。
送信出力5段階切り替え。
トータル1302チャンネル(DR機能用レピータを750chに増量)。
周波数、モード、コールサイン等のスピーチ機能。
最大出力5W。
付属バッテリーで約4.5時間※、BP-272(オプション)なら約8時間※の運用が可能。
交信録音/再生機能。
microSDカードスロットを装備
スケルチ強制解除機能。
オートレピータ機能。
メモリー/バンクスキャンをはじめとした多彩なスキャン機能。
24桁のDTMFコードメモリーを16ch装備。
13種類のチューニングステップ。
CTCSS/DTCS機能。
トーンスケルチ/ポケットビープ®機能。
スプリットトーン設定。 ほか

○は、新しく追加された機能(従来のID-31と比較)。
※ 送信1分:受信1分:待ち受け8分(パワーセーブON、FMモード時)で運用した場合。

付属品
アンテナ FA-S70B
リチウムイオンバッテリーパック BP-271
バッテリーチャージャー BC-167S
ベルトクリップ MB-127
ハンドストラップ
※ D-STARは一般社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
※ ポケットビープはアイコム株式会社の登録商標です。
※ Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。


 

 

仕様




周波数範囲 Tx 430.000~440.000MHz
Rx 400.000~411.895MHz*
415.100~479.000MHz*
* 動作保証範囲:430.000~440.000MHz
電波型式 F2D、F3E、F7W
モード DV、FM、FM-N
メモリーチャンネル数 552チャンネル(メモリー、コール、プログラムを含む)
+750チャンネル(DR機能用レピータ)
使用温度範囲 -20℃~+60℃
周波数安定度 ±2.5ppm (-20℃~+60℃/25℃を基準とする)
デジタル伝送速度 4.8kbps
音声符号化速度 2.4kbps
アンテナインピーダンス 50Ω不平衡 (SMA型)
電源電圧 ・電池端子
 DC 7.4V (定格) (BP-271、BP-272)
 DC 5.5V (BP-273 単三形アルカリ乾電池×3本使用)
・外部端子
 DC 10.0~16.0V
消費電流
(7.4V DC)
送信最大 2.5A以下
受信最大
・内部SP (16Ω)
 450mA以下(DV)、350mA以下(FM、FM-N)
・外部SP (8Ω)
 300mA以下(DV)、200mA以下(FM、FM-N)
外形寸法 58×95×25.4mm
(W×H×D、突起物含まず)
重量 約220g (BP-271及びアンテナ含む)


変調方式 DV GMSKリアクタンス変調
FM、FM-N FMリアクタンス変調
送信出力 (7.4V DC) 5W、2.5W、1.0W、0.5W、0.1W
(High、Mid、Low2、Low1、S-Low)
スプリアス発射強度 スプリアス領域 -60dBc以下 (High、Mid)
-13dBm以下 (Low2、Low1、S-Low)
帯域外領域 -60dBc以下 (High、Mid)
-10dBm以下 (Low2、Low1、S-Low)
最大周波数偏移 ±5.0kHz以下 (FM)
±2.5kHz以下 (FM-N)
マイクロホンインピーダンス 2.2kΩ


中間周波数 46.35MHz (1st)
450kHz (2nd)
受信感度 DV -11dBμ以下 (BER 1%)
FM、FM-N -15dBμ以下 (12dB SINAD)
スケルチ感度 -15dBμ以下 (Threshold)
選択度 55dB以上 (FM)
50dB以上 (DV、FM-N)
スプリアス妨害比 60dB以上
低周波出力 内部SP (16Ω負荷) 0.4W以上
(7.4V DC、10%歪率時) 外部SP (8Ω負荷) 0.2W以上

 

・D-STARは一般社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。
・定格はJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)測定法によります。
・定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。