お知らせ

SWRを下げる4つの方策(@モービルアンテナ運用において)

モービルアンテナを使ったモービル運用において、SWRを下げたいと思っても、
市販のアンテナを使っている場合は、特に調整個所も無く、悩みますよね。

SWRを下げるポイントとしては、大きく4つあると思うんです。


1.アース

これは、もう皆さん知っての通り、アンテナと車体の間でアースを取る。
実際には、アンテナ基台と車体の間でアースを取る、という感じですかね。


2.マッチングバー

これは、ちょっと、ずるい方法というか、とりあえず、SWRは下がるけどね、、、
っていう方法です。
具体的には、アンテナ基台から横に針金を張り出す。
この張り出す長さは、1/4λなんて言われますが、測定器を見ながら地道な調整が必要になります。


3.ケーブル

これは、みなさん、いろいろ苦労されてますよね。
ケーブルのメーカーは、フジクラがいいとか、
FBがいいとか、QEFVがいいとか、
8Dがいいとか、10Dが欲しいとか、、、、

でも、見た目と性能は、必ずしも一致しないのが、このケーブルってもんです。
値段が高ければ良い、ってものでもないし、
海外製の安物でも変わらないんじゃない?って思う人もいますし、
いろいろです。

これに関しては、当店が、皆さんの要望に応えるべく、重い腰を上げて、超絶高性能なモービル用同軸ケーブルを作っちゃいました。
簡単に作れるかと思ったら、想像以上に大変で、二度つ作りたくない!って思っちゃいました。
1本2万円でも安い!って思う代物です。
興味がある人は、連絡ください。
今だけ大放出の超破格でお分けいたしますので。


4.アンテナチューナー

これはね、もう、なんていうか、すべての苦労が徒労に終わる、、、ってぐらいの飛び道具です。
SWRの値が高いとか、周波数のポイントがズレてるとか、、、、
みんなが色々悩んで苦労してるのを横目で見ながら、

「だから、どうしたの?」

ってな感じで、いとも簡単に、SWRをサクっと下げてしまいます。
SWRが、なかなか1.0に近づかない~、、、1.05までしか行かないぜ~、とか言ってる人を横目に、

SWR=1.00ぐらいまで良い?
SWR=1.000ぐらいまで欲しいの?
ってな感じで、いや~な感じで、じわ~っと調整してくれちゃいます。

でも、まぁ、一般市場価格¥3万円っていう、ちと高いものなんですがね。。。

ところがどっこい、当店では、色々調べる測定器としても使っていた展示品を、
ぬぬぬ、ぬわんとっ、ありえない超激安価格で、お裾分けしちゃいます。

 



以下は、技術的な資料です。

CAT-283_SALE_p02
CAT-283_SALE_p03
CAT-283_SALE_p04
CAT-283_SALE_p05
CAT-283_SALE_p06